産業の神様

沖ノ島にある、宇賀明神は1096年~1099年、安房守として赴任した安房國司、源親元卿が地域産業の発展を願い、1096年倉稲魂(うかのみたま)の神を勧請し鷹ノ島の弁財天と共に建立しました。倉稲魂(うかのみたま)の神は稲作の神、農業神とされるほか漁業神、商業神、福神として平安時代以降、絶えること無く人々の厚い信仰を受けてきました。あらゆる産業の神様です。一説によると宇賀明神の宇賀は「ながー」と同じであるとされ、「ながー」は蛇のことで宇賀は「白い蛇」とも言われています。



出会いの神社としても有名です。
気になる方は行かれてみてはいかがですか。

関連記事

  1. 人気のターゲット

  2. 鮮度抜群

  3. さっぱりと

  4. 房州特産

  5. 秋の訪れ

  6. 残していきたい…伝統工芸品