高級品

高級房州びわ(南無谷びわ)をいただきました。
皇室に献上されている程の有名なビワです。

1粒頬張れば、溢れんばかりの水分と甘みが押しよせてきます。
贈答用は毎年、500箱が完売する商品だそうです。
他の種類よりも、サイズが大きく、肉厚で甘み・酸味のバランスが良いのが特徴。
気候の関係上、南房総(南無谷地区)が最適の地で、250年前から育てられている。
写真のビワは4Lです。(1粒5~6センチ位)
大きさは大小様々あり、予算に合わせて選べます。
南房総のビワは、道の駅の名称になるほど有名。下道の(冨浦地区)街灯は、ビワの形をしています。
是非、一度は食べたい味です。
時期には、近くのスーパーや直売所にも販売されていますが、ネット販売もおこなっているそうで、「房州びわ」でお調べ下さい。

関連記事

  1. ブログサンプル1

  2. 出没

  3. 春の便りが続々と

  4. さっぱりと

  5. 特産物

  6. 美味

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。